リネット

【2020年度版】リネットの口コミ・評判、サービス内容を徹底調査!

リネット
今回は2009年にサービスを開始してからわずか10年で会員数35万人を突破した超人気店、宅配クリーニング最大手「リネット」についての紹介です。

  • リネットの口コミ・評判が知りたい
  • リネットって他のお店と比べて安いの?
  • リネットってどんなサービス内容なの?

このような疑問を持っている方に役立つ記事です。

全体の流れとしては

記事構成

  • リネットの口コミ・評判について
  • リネットを実際に使ってみた感想
  • クリーニング料金の比較
  • 料金体系やサービス内容の紹介
  • リネットを利用する際の注意点
  • リネットがおすすめな人を紹介

といった感じで進めていきます。

今現在リネットを利用するかどうかで迷っている人には有益な情報ばかりですので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

目次

みんなが思うリネットの感想は?口コミ・評判まとめ

今回リネットの口コミ・評判を調査するにあたって利用したツールは

調査ツール

  • 口コミ投稿サイト
  • ツイッター
  • ヤフー知恵袋
  • ブログ

の4つ。

リネットの公式サイトにもいくつか口コミは載っていましたが、この手の感想は良い方に偏っている傾向にあるので今回の集計では除外しています。

口コミ件数としてはさすがはリネット。会員数35万人を超える人気店なだけあってかなりの数でしたね。

口コミを見るだけで何時間もかかってしまいました・・・。

全体的な印象としては2018年以前は悪い口コミが目立っていましたが、2019年に入ってからは良い口コミが増えた感じです。

理由はおそらく2018年から導入された「翌日届け」や「時間外集配サービス」による利便性の向上、そして「プレミアム仕上げ」や「シミ抜き、毛玉取り」の標準化といった品質の改善が功を奏したのでしょう。

ただ口コミ内容については2020年現在も良い口コミと悪い口コミで意見が真っ二つに割れていたので、利用するかどうかの最終判断は正直難しいかもしれませんね。

リネットの悪い口コミは品質に不満を持つ声が大多数

サービス内容がクリーニングである以上、品質の低さに悪い口コミが集中するのは仕方ないですが、リネットもやはり品質に不満のある声が大多数をしめていました。

まとめると

ココがダメ

  • 戻ってきた洋服がシワだらけだった
  • 毛玉がまったく取れていなかった
  • シミがそのままだった。あるいは新たなシミが付いていた
  • タグ止め用の安全ピンで洋服の目立つ部分に穴をあけられた

といった内容の口コミが多かったですね。

また割合的には少なかったですが

ココがダメ

  • 汚れが落ちていなかった
  • ボタンが取れていた。あるいは取れかけていた
  • ダウンやコートがぺしゃこんだった
  • ニットが縮んでいた
  • 色落ちしていた
  • 衣類に糸くずやゴミみたいのが付着していた

といった口コミもありました。

他にも品質とは関係ないところで

ココがダメ

  • オペレーターの対応が悪い
  • メールしても返事がぜんぜんこない

なんて口コミもありましたね。

「ボタンが取れていた」や「色落ちしていた」といったちょっと無視できない口コミもありますが、その他はだいたいどこのクリーニング店でもよく見かける内容ばかりでした。

とは言え良い口コミの方が圧倒的に多かった

無視できないような悪い口コミも確かにありましたが、口コミ数で言えば圧倒的に良い口コミの方が多かったです。

ココが良い

  • 家で落とせなかったシミがきれいになっていた
  • 気になっていた毛玉もきれいに取れていた
  • お気に入りの服がきれいになって返ってきた
  • ダウンやコートが新品状態に戻った

といった仕上がりに満足している感想を中心に

ココが良い

  • 梱包の際に折ジワができないよう筒状に丸めた紙を挟む配慮に感心した
  • 初回割引でかなり安く利用できたのでよかった
  • 仕上がりスピードの速さにビックリした
  • タグにシミ抜き場所などクリーニング内容が書かれているのでわかりやすかった

など品質以外に満足している感想も多くありました。

良い口コミの投稿日が2019年以降に集中していることからも、ここ数年でリネットの信頼度がグンッと上がった感じですね。

割合的には良い口コミの方が圧倒的に多かったですが、内容自体は両極端なリネット。これから利用しようと考える人にとっては判断が難しいことだと思います。

そこで今度は実際に私自身がリネットを使った時の感想について書いてみます。

出す洋服の種類や状態によって仕上がり具合は変化しますが、いち利用者の意見としてぜひ参考にしてみてください。

実体験レビュー!リネットを使ってみた感想は?

まず結論から先に言うと、個人的には利用してみる価値は十分ありだと感じています。と言いますか、すでに何度も利用しているリピーターです。

リネットにお願いする洋服は基本かさばらない夏物衣類や子供服など薄手の洋服メインですが、シャツの襟にあった黄ばみや子供服についたシミや汚れは毎回きれいに落ちています。

悪い口コミにあったような

  • 汚れが落ちていなかった
  • 毛玉が取れていなかった
  • シミが落ちていなかった
  • 色落ちしていた

などはこれまでに一度もなかったです。逆に自分ではまったく気づいていなかったシミを発見し、きれいに落としてくれた程でした。

シミのあった場所やクリーニングの詳細もきちんとタグに記載されてわかりやすいですし、集荷から遅くとも5日以内には届けてくれるなど満足度は高いですね。

ドライクリーニング特有の石油臭さは?

口コミには「箱をあけたら強烈な石油の臭いがした」といった書き込みもありましたが、私自身は鼻を近づけてもまったく気にならないレベルです。

リネットの工場では石油臭さの原因となる洗浄液の汚れを、特殊な洗浄フィルターと循環器を使って軽減しているのでその効果が出ているのかもしれませんね。

梱包の際の折ジワは?

梱包の際に付いたであろう折ジワは確かにあります。

ただ折り目部分に丸めた筒状の紙が入っているので毎回きついシワにはならず、一晩ハンガーにかけておけば気にならないレベルまで解消します。

品質についての満足度は?

品質については先程もお話ししましたが、シャツの襟にあった黄ばみや子供服についたシミや汚れは毎回きれいに落ちているので満足度は高いです。

ただ過去に一度ウール素材のニットが縮んでいたり、装飾品のビーズいくつか失くなっていたことがあったのでその点は毎回注意して出しています。

注意と言っても大したことではなく、綿や麻、ナイロンなど縮みやすい素材や装飾品の付いた洋服は出さないようにしているだけです。

あとこれはリネットに限った話ではないですが、モンクレールやカナダグースといったハイブランド品や高級素材の洋服も出さないようにしています。

「モンクレールのダウンジャケットをDX仕上げで頼んだら新品のような肌触りとふわふわ感が蘇った」といったリネットの品質を絶賛する口コミもありましたが、

  • ぺしゃこんになった
  • 毛が飛び出ていた
  • 風合いが悪くなった

といった口コミも見かけるので、リスク回避のため出さないようにしています。

ちなみに私は ”絶対に失敗してほしくない” 洋服を出すときは、オーダーメイドクリーニングの「キレイナ」にお願いしています。

ダウンジャケット1枚7,000円と料金は高いですが、毎回期待を裏切らない仕上がりに満足しています。

キレイナの口コミでも「料金は高いが仕上がりがきれいで安心できる」といった書き込みが多いので、利用者の満足度も高いですよ。

関連記事
キレイナ
品質は本物?キレイナの口コミ・評判を徹底調査!【2020年度版】

今回はドレスや特殊素材などあらゆる衣類を請け負うオーダメイドクリーニング店「キレイナ」についての紹介です。 キレイナの口コミ・評判が知りたい キレイナのメリット・デメリットが知りたい キレイナを安く利 ...

口コミが賛否両論なのはパートナー工場が原因?

良い口コミと悪い口コミの内容が真逆のリネットですが、その原因はパートナー工場の差ではないかと個人的には思っています。

宅配クリーニング業界では有名なリネットなので自社工場を保有してそうですが、リネット自体は工場を持っていません。

請け負った洋服は神奈川県と大阪符にあるパートナー工場がすべてクリーニング業務を行っています。

リネットのパートナー工場一覧

  • 株式会社FIL:神奈川県厚木市
  • 有限会社ハイソフト・ケミカルズ:神奈川県相模原市
  • 有限会社讃岐屋:大阪府門真市
  • 有限会社サンドライ:神奈川県厚木市
  • 有限会社みつわ商会:神奈川県藤沢市
  • 石原クリーニング株式会社:神奈川県川崎市
  • 有限会社シティー・ライフ:神奈川県大和市

ここに口コミがきれいにわかれる原因があるのではないでしょうか。

リネットと提携している工場はいずれも厚生労働省管轄のクリーニング業法に則り運営するクリーニング所であり、リネットが実施する100項目を超える独自の品質基準をクリアした厳選された工場ばかりです。

それ故、預かった洋服はどれも最高の状態に仕上げるだけの安定した技術力は持っています。

実際仕上がりに満足する口コミ件数のほうが圧倒的に多いことからも、その技術力の高さが伺えます。

ですがパートナー工場すべてが同じ条件でクリーニングしているわけではないですよね。

工場ごとの違い

  • 置いてある設備の種類
  • 職人たちの技術力
  • 特殊素材の取り扱い経験
  • 受け入れキャパの限界

などは工場によって違います。であれば当然、品質にも違いがでてくるはずです。

もちろん品質に差が出る原因が工場の差だとは断言できませんが、決して的外れな答えでもないのではないでしょうか。

リネットのクリーニング料金は安いの?高いの?

品質も大事ですが、一番気になるのはやっぱりクリーニング料金ですよね。いくら品質やサービスが良くても、自分が思っている以上に高いとなかなか利用できないものです。

そこで同じ宅配クリーニングから1社、実店舗から2社を選択して、実際にリネットの料金は安いのか?ということを比較検証してみたいと思います。

今回、宅配クリーニングからはリネットと双璧をなす「ネクシー」、実店舗からは誰もが知っている「白洋舎」と「ホワイト急便」を選択しました。

ただホワイト急便の店舗料金は地域によって違うので、厳密に比較したい場合は公式サイトからお住まいの地域を選択して確認してください。(今回は神奈川県東部エリアの料金表を参考にしています。)

また「ネクシー」の料金についても月額200円(税抜)の会員料金を載せています。

1位 2位 3位 4位
ホワイト急便 ネクシー 白洋舎 リネット
ワイシャツ 200円 297円 350円 290円
スーツ上下 950円 1,512円 1,900円 1,610円
ブラウス 460円 621円 600円 550円
セーター 380円 621円 600円 590円
カーディガン 380円 621円 600円 780円
スカート 380円 621円 600円 660円
ワンピース 760円 1,035円 1,050円 1,230円
ダウンジャケット 1,410円 2,250円 2,100円 2,850円
コート 1,010円 1,800円 1,900円 1,900円
合計金額 5,930円 9,378円 9,700円 10,460円

すべて税抜き価格

料金の安さだけで言えば、「ホワイト急便」が断トツですね。

品質についてはあまりいい噂は聞きませんが、とにかく安くクリーニングしたい!という人には最適です。

残りの3社については洋服の種類によって変わりますが、合計金額では「ネクシー」 「白洋舎」 「リネット」の順になりました。

ワイシャツやブラウスといった薄手の洋服には強いリネットですが、ダウンジャケットやコートなど厚手の洋服は若干高めの料金設定のようですね。

何に価値を見出すかで安さの基準はかわる

こんなことを言ったら比較の意味がないと言われそうですが、物やサービスの価値って結局のところ何に価値を見出すかで全然変わってくると思います。

実際リネットの口コミを見ても「リネットは高い!」と言っている人もいれば「リネットは安い!」と言っている人もいます。

これってやっぱり人によって価値観が違うということですよね。

例えばリネットのクリーニング料金は上で比較したように決して高くはないですが、正直格安とも言えないです。

にもかかわらず会員数35万人以上という宅配クリーニング業界では屈指の人気を誇っているのは、ひとえに料金以外の価値がリネットにあるからではないでしょうか。

店舗型クリーニングに多い悩み

  • わざわざ店舗まで持ち込むのが面倒くさい
  • 仕上がった洋服を期限までに取りに行くのが面倒くさい
  • シミ抜きしてほしいけど有料なので迷う
  • 子供が小さいので家を空けられない
  • 休日はゆっくりと過ごしたい
  • 仕事が忙しくて営業時間内に持ち込めない
  • 毎回並ぶのが面倒くさい

と感じている人にとっては料金の安い「ホワイト急便」よりも、すべてが解決できる利便性に優れた「リネット」に魅力を感じるはずです。

お店選びでは料金の安さも重要な要素ですが、それよりも「自分にとって利用する価値があるのか?」ということの方がもっと大切です。

なので利用してみたいクリーニング店がある場合は、料金だけでなくどんなサービスを提供してくれるのか?ということもしっかり確認してから決めるようにしてくださいね。

リネットってどんなお店?料金システムやサービス内容を紹介

ここからはリネットの料金システムやサービス内容、特徴について詳しく見ていきます。

先程もお話ししましたが、お店選びでは「どんなサービスを提供してくれるのか?」ということの確認が何より大切です。

ここさえ読めばリネットのすべてがわかる!と思えるくらい濃い内容を用意しましたので、「リネットを一度利用してみようかな」と思っている人はぜひ読み込んでみてくださいね。

料金システムは「単品コース」。普段使いにはピッタリ!

リネットの料金システムは洋服1点ごとに料金が加算される「単品コース」なので、衣替えの時期にコートやダウンといった冬物衣類をまとめて出すより普段使い用として定期的に利用するのに適しています。

料金の算出方法は洋服ごとの基本料金をベースに、素材や装飾品および付属品による追加料金を加算していく仕組みです。

リネットの追加料金(税抜)

  • デリケート素材:+200円 (カシミヤ、シルク、合皮、麻など)
  • 装飾品:+200円 (装飾品、レース、フリル、プリーツなど)
  • 一部革素材:+200円 (3cm四方の革素材)
  • 付属ライナー:+200円 (アウターなどに付属されているライナー)
  • 付属ダウンライナー:+1,000円 (アウターなどに付属されているダウンライナー)
  • 全面付属ファー/ボア:+1,000円 (フェイクファー、フェイクボア)
  • 付属毛皮フード:+4,000円 (衣類本体から外せる毛皮付きフード)
  • フス(袖口)毛皮:+5,000円 (衣類本体から外せる毛皮カフス)

例えばカシミヤのセーターをクリーニングに出す場合、セーターの基本料金590円にデリケート素材の追加料金200円を加算した790円になるといった感じです。

基本的にはこれの繰り返しで金額を算出していきます。オプションを利用するならその分の料金も加算です。

追加料金が必要な素材かどうかの見極めがとても難しそうね・・・。

その点は安心してください。リネットの「公式サイト」を見れば写真付きで紹介されているので、追加料金の有無も簡単に判断できますよ。

例えば「デリケート素材は組成表示タグに30%以上含まれている場合に追加料金がかかる。」など、洋服に付いている表示ラベルを見るだけなのでとっても簡単です。

クリーニング料金については先程比較したとおり激安を売りにしている店舗に比べると割高ですが、出す手間や品質、アフターフォローを考えると非常に満足度の高い値段設定と言えます。

ただ料金が定額制ではないので1点あたりの価格が高いコートやダウンなどをまとめてクリーニングに出す場合には、あまり向いていない料金システムでもあります。

ワイシャツやブラウスなど料金の安い衣類をクリーニングに出す場合はリネットを、料金の高い冬物衣類をまとめて出す場合は定額コースを利用するなど、用途に合わせてうまく使いわけるのが良いでしょう。

宅配クリーニングを利用する時には1社だけに絞るのではなく、出す洋服に合わせてお店を選ぶことが大切なのね。

いろいろなお店を選んで利用できる!これも街のクリーニング店にはない宅配クリーニングならでのメリットですね。

保管付きクリーニングの5点パックが安い

リネットは単品コースが主流ですが、保管付きクリーニングを利用することで定額コースが選択できます。

コースは「スタンダード」と「デラックス」の2つが用意されていて、料金はそれぞれ

スタンダードコース(税抜)

  • 5点パック:7,800円 (1枚あたり1,560円)
  • 10点パック:11,800円 (1枚あたり1,180円)
  • 15点パック:17,600円 ((1枚あたり1,173円)

デラックスコース(税抜)

  • 5点パック:12,800円 (1枚あたり2,560円)
  • 10点パック:20,800円 (1枚あたり2,080円)
  • 15点パック:30,800円 ((1枚あたり2,053円)

となります。

他のお店と比べると若干高めですがスタンダードコースの5点パックに限り、かなり安く利用できるのでお得です。

保管パックが安いと評判の「せんたく便」や「リナビス」と比較しても、

5点パック料金比較(税抜)

  • リネット:7,800円 (1枚あたり1,560円)
  • せんたく便:7,980円 (1枚あたり1,596円)
  • リネビス:8,550円 (1枚あたり1,710円)

とリネットが1番安いです。

保管期間は最長8ヶ月と、せんたく便の11ヶ月やリナビスの12ヶ月に比べ短いですが、保管付き5点パックを安く利用したい!という人にはおすすめですよ。

クリーニングは全品「プレミアム仕上げ」で高品質

クリーニングを利用する際には料金の安さも大事ですが、品質にも気を配る必要があります。

いくら料金が安くても出す前よりシワが増えていたり、色落ちしていたでは何のために出したかわからなくなってしまいますからね。

その点リネットは良心的な価格だけでなく品質にも力を入れているので安心です。

まず注目してほしいのはリネットのクリーニングは全品「プレミアム仕上げ」で、いつでもワンランク上のサービスが利用できる点です。

具体的には、

  • ワイシャツの気になる臭いや汚れを防止する「ワイシャツ抗菌防臭加工
    ノリありの場合のみ
  • ドライ全品にトリートメント効果をもたらし、光沢や滑らかさなど6つの効果を付与する「リファイン加工
  • 水洗い全品に柔軟剤を使ったような柔らかさとコシを付与する「柔らか加工
    ワイシャツは対象外
  • 検品時に見つけたシミを熟練の職人が1点ずつ丁寧に除去する「シミ抜きサービス
  • 洋服に付着している毛玉や毛を取り除く「毛玉・毛取りサービス
  • 仕上がった洋服は仕上げ担当者と専属品質チェック担当者2人による「ダブルチェック

といった本来であればオプション扱いのサービスが、すべて無料で付いています。

また品質に影響を与えるクリーニング工程においても、

  • 石油臭さの原因となる洗浄液の汚れを、特殊な洗浄フィルターと循環器を使って常に無色透明な状態をキープ
  • デザイン性の高い洋服は専用のプレス機に加え、手作業によるアイロンがけを併用して仕上げる

など、しっかりと考えられています。

高級クリーニング店のような「個別洗い」や「静止乾燥」には対応していませんが、それでも60項目の品質基準に加えリネット独自の100項目を超える品質基準をクリアした工場のみでクリーニング業務を行うなど一定以上の安心感はあります。

お客様と対面でお話できないからこそ、こだわっていることがあります。

その言葉どおり、常に高い品質とサービスを提供してくれますね。

業界最高水準の補償制度「リネット安心保証」を完備

クリーニングの仕上がりを見て、満足いかなかったらどうすればいいの?

クリーニングされた洋服の仕上がりを見て、満足いかないことも当然あるかと思います。

店舗型のクリーニングであれば直接お店に行って話しをすることもできますが、店舗を構えない宅配クリーニングの場合はそうゆうわけにもいきません。

宅配クリーニングはトラブル時の対処に困る。

宅配クリーニングを敬遠している理由のひとつに、トラブルが起きた時の対処に困るという意見も多いですが、リネットでは業界最高水準の補償制度「リネット安心保証」を完備しているので安心です。

「リネット安心保証」の概要

  • 洋服が届いた日から30日以内なら無料で再仕上げが可能
  • 再仕上げに不満があれば全額返金対応(対象品のみ)
  • 万一の事故時は対象品の再購入価格を100%補償

まずクリーニングの仕上がりに不満があった場合は、洋服が届いた日から30日以内であれば無料で再仕上げが可能です。

再仕上げをしても不満が残ったらどうすればいいの?

当然再仕上げをしたからといって必ずしも満足のいく仕上がりになるとは限りませんが、そのような場合でもリネットなら全額返金対応してくれます。

再仕上げ自体は特にめずらしいサービスではないのでリネット以外でも多くの店舗が提供していますが、全額返金対応まであるのはすごいの一言ですね。

さらにリネットでは万が一事故が起こった場合も、対象品の再購入価格を100%補償してくれる制度まで完備されています。

もちろん衣類の状態によっては再仕上げできないケースやクリーニング事故と認定してくれないケースもありますが、ここまでしっかりと対応してくれるのは安心ですね。

顔が見えないからこそトラブル時の対応の良し悪しは大切です。お店を選ぶ際には料金や品質だけでなく補償制度もしっかり確認しておきましょう。

クリーニングはほぼすべての衣類に対応

リネットのクリーニングはワイシャツやスーツ、ブラウスといった一般衣類だけでなく、毛皮や革製品などほぼすべての衣類に対応しています。

クリーニング対応衣類と料金(税抜)

  • 礼服:660円~
  • 学生服:670円~
  • 白衣:980円~
  • 作業着:650円~
  • ドレス:2,290円~
  • 着物:3,100円~
  • 浴衣:3,100円~
  • 被布:1,920円
  • 丹前:2,760円
  • はっぴ:1,370円~
  • 割烹着:760円
  • バスローブ:2,280円
  • 毛皮:6,000円~
  • 革製品:3,000円~

これらはほんの一例ですが、ウエディングドレスやコスプレ衣装といった特殊な衣類を除けばほぼすべての衣類が対象です。

クリーニングの難しい毛皮や革製品は取扱除外品としているお店も多いですが、さすがは業界最大手のリネット幅広い対応力ですね。

7つの多彩なオプションを完備

リネットには「リファイン加工」や「柔らか加工」といった無料で付いているオプション以外に、7つの多彩な有料オプションが用意されています。

オプション料金(税抜)

  • 贅沢手仕上げコース:+350円~
  • サラっと撥水仕上げ:+400円
  • ディープクレンジング仕上げ:+900円
  • ふんわり上質仕上げ:+400円
  • 銀イオン抗菌防臭仕上げ:+400円
  • ノリ強め・なし:+100円
  • 折り目長持ち仕上げ:+400円

詳細についてはこちらに詳しく載っていますが、おすすめは雨や油汚れをしっかり弾く「サラっと撥水仕上げ」

水よりも細かな粒子を繊維にコーティングさせることで、あらゆる水分から衣類を守ってくれますよ。

一般的にはダウンやコート、スキーウェアなどが適していますが、うっかりお汁を飛ばしてしまいがちなネクタイにもおすすめです。

リネットの撥水加工は雨パッカのような生地の隙間を完全に塞ぐ防水加工ではないので、通気性が損なわれません。外からの水を弾きながら内からの熱を発散し、蒸れにくいサラっとした快適な着心地を実現します。

撥水加工は多くのクリーニング店が扱う人気のオプションですが、リネットの撥水加工は性能もよく値段も安いので非常におすすめですよ。

撥水加工料金(税抜)

  • リネット(サラっと撥水仕上げ):400円
  • ネクシー(リペラント加工):700円~
  • リナビス(はっ水加工):980円~

もちろんお店によって効果や耐久性は違いますが、料金だけで見れば圧倒的な安さですね。

最短2日納品!利便性を追求した究極のサービスがすごい

リネットの強みと言えるのが、利便性を追求したサービスの数々です。

簡単にまとめると

利便性の追求

  • 集荷から最短2日でお届け
  • 初回の宅配キット取り寄せ不要
  • 注文時にダンボールを依頼すれば集荷時に持ってきてくれる
  • 全国どこでも集荷・宅配可能
  • コンビニ集荷24時間OK (2回目以降から利用可能)
  • 宅配BOXで集荷・受取OK (2回目以降から利用可能)
  • コンシェルジュ付マンションならフロントから集荷OK
  • 早朝・夜間の時間外集配に対応
  • 出した翌日にお届け可能

このような感じです。

コンビニ集荷や宅配BOX、全国集配は実施しているお店も多いのでリネットだけが特別というわけではないですが、仕上がりスピードと集配の柔軟さは他を圧倒しています。

宅配クリーニングにおけるお届け日数は5日~7日が一般的とされていますが、リネットは集荷からわずか2日という圧倒的な速さで届きます。

リネットお届日数
また専用バックを事前に取り寄せる必要がない点も評価が高いです。

定額コースの場合は事前に集荷用の専用バックを取り寄せる必要があるので、その分余計に日数がかかります。

その点リネットは手持ちのダンボールや紙袋が使えるので、クリーニングに出したい!と思った瞬間にすばやく出せます。

手持ちにちょうど良い大きさのダンボールがなくても注文時に依頼すれば、集荷当日に配達員がダンボールを持ってきてくれるのでその場で詰めて出すこともできるんですよ。もちろん料金はかかりません。

そして利便性の極めつけは「時間外集配」と「翌日配送」です。

リネットでは毎日が忙しい人のニーズに応えるため、早朝「6時~10時」と夜間「20時~24時」の時間帯に利用できる時間外集配サービスを無料で提供しています。

1時間幅で集配指定ができますよ!

朝の出勤前に預けて帰宅後の遅い時間に受け取れるわけですから、忙しい人にとってはまさにピッタリなサービスと言えますね。

ただこのサービスは東京23区と一部地域にお住まいの人だけが利用できる限定サービスなので、誰でも気軽に利用できない点には注意が必要です。

対象地域

  • 東京都23区 / 狛江市 / 三鷹市 / 調布市 / 武蔵野市
  • 神奈川県川崎市高津区 / 宮前区 / 多摩区
  • 千葉県市川市 / 浦安市

まだまだ利用できるエリアは狭いですが、対象地域の人は何度利用してもタダなので存分に活用してみてくださいね。

一応対象地域は順次拡大予定とのことです。2020年6月23日に「東京都三鷹市、調布市、武蔵野市」の3地域が拡大されたことからも、期待値はけっこう高そうな感じです。

朝イチ便・夜イチ便ではダンボール無料手配は利用できないので注意!

預けた次の日に届けてくれる「翌日配送」

これもまたすごいサービスですね。リネットなら預けた次の日に届けてくれる翌日配送も無料で利用できます。

以前は1注文につき300円(税抜)の手数料が必要でしたが、2020年4月20日から無料サービスに切り替わっていますよ。

残念ながらこちらも利用できる人は「時間外集配」と同じ東京23区と一部地域の人だけですが、無料になったことで使いやすさは格段にアップしていますね。

利用したいけどわざわざお金を支払ってまでは・・・。これからはバンバン使ってください。

翌日配送は「当日18時までの集荷 → 翌日20時~24時の間に配送」となります。(受取時間は指定可能)

プレミアム会員にならないと満足いくサービスは受けられない

手厚いサービスを手頃な料金で提供するリネットですが、唯一のデメリットはプレミアム会員にならないと満足いくサービスが受けられない点です。

会員プラン

年間4,680円(税抜)。

これがプレミアム会員になるために必要な費用です。

支払い方法は1年分をまとめて先に支払う「年会費プラン」と1年分を分割して毎月支払う「月会費プラン」の2つが用意されていますが、料金はどちらも4,680円(税抜)と同じです。

ただ年会費プランは初回から使える400円OFF × 6回の「年間ケアパス」が ”毎年” もらえるので、継続的に利用するなら実質半額になる年会費プランがおすすめです。

もちろん年会費のかからない通常会員でもリネットは利用できますが、

有料会員と無料会員の違い

  • 往復送料無料の条件が3,000円以上から10,000万円以上に引き上げ
  • お届け日が最短2日から最短7日に延びる
  • 無料しみ抜き・毛玉取りが利用できない
  • 朝イチ・夜イチ便が利用できない
  • 翌日配送が利用できない
  • 標準装備のリファイン加工や毛玉取りなどが有料
  • リネット安心保証が適用されない
  • 再仕上げの申請期限が30日以内から7日以内に短縮
  • クーポンやスタンプカードがもらえない
  • 集荷時の無料ダンボール配布が利用できない
  • 限定キャンペーンが利用できない

など、あらゆるサービスが利用できなくなります。

月々390円(税抜)を高いと見るか安いと見るかは人それぞれですが、

リネットを利用するメリット

  • わざわざ時間を作って店舗まで持っていく必要がない
  • クリーニングが終わったら家まで届けてくれる
  • シミや毛玉があったら無料できれいにしてくれる
  • 質の高いクリーニングを提供してくれる
  • 実店舗よりも早く届けてくれる

会費分の価値は十分提供してくれるのではないでしょうか。

ちなみにプレミアム会員になったらどんなサービスが受けられるの?

プレミアム会員になれば、

  • クリーニング料金3,000円以上で往復送料無料
  • 一部地域・離島を除く全国対応。最短2日納品
  • シミ抜きや毛玉取りが無料で付いている
  • 東京23区と一部地域限定で朝イチ・夜イチ便が利用可能
  • 東京23区と一部地域限定で翌日配送が利用可能
  • リファイン加工や毛玉取りなどが標準装備
  • リネット安心保証が利用可能
  • スタンプカードがもらえる
  • 集荷時にダンボールを無料で持ってきてくれる

といったサービスが利用できますよ。

初めての人は全品20%OFF&送料無料、2回目も20%OFFのスペシャル特典

リネットでは初回利用の人に限り4つのスペシャル特典が用意されています。

初回特典

  • 全品20%OFF
  • プレミアム会員費が初月無料
  • 送料無料

2回目特典

  • 全品20%OFF

プレミアム会員限定の特典

プレミアム会員への入会が必須条件ですが、料金が高いコートやダウンもすべて20%OFFとかなりお得に利用できます。

例:20%OFF価格(税抜)

  • セーター:590円 → 472円
  • ワンピース:1,230円 → 984円
  • コート:1,900円 → 1,520円
  • ダウンジャケット:2,850円 → 2,280円
  • ダウンコート:3,150円 → 2,520円
  • スーツ上下:1,610円 → 1,288円

トータル2,266円の値引き。

初回と2回目だけの特典ですが、これだけでも会員になる価値がありますね。

年会費がかかるサービスを利用するときには「本当に入会しても大丈夫かな?」と慎重になる人も多いですが、初月無料特典のあるリネットならお試し感覚で利用できますよ。

リネットをお得に利用できるのは初回と2回目だけ?3回目以降はずっと通常料金なの?

これは誰しもが気になることだと思いますが、この点は安心してください。

リネットは初回特典だけでなく定期的にキャンペーンを実施しているので、うまくタイミングを合わせれば常に割引価格での利用も可能です。

リネットはちょっと高いなと感じている人も、キャンペーンをうまく活用すればお得に利用できますよ。

重要!リネットを利用する際の注意点

リネットはアプリから24時間いつでも申込みができる手軽さも魅力のひとつですが、利用の際にはいくつか注意点があるのでここで紹介しておきます。

口コミでも頻繁に書かれていた内容なので、しっかりと確認しておいてくださいね。

リネットを利用する際の注意点

  • クリーニング料金は検品後に確定する
  • 送料無料のボーダーラインはしっかりと確認しておく
  • 退会する場合はプレミアム会員の登録解除を忘れない

クリーニング料金は検品後に確定する

ここが一番の注意点ですが、リネットのクリーニング料金は洋服がリネットに到着して検品されたあとに確定します。

なので事前にクリーニング料金を自分で計算していたとしても、その通りの金額が提示されるとは限りません。

もちろん詐欺的な行為が行われているわけではありませんが、選ぶ洋服によってはこのようなケースが発生する場合もあるので注意してください。

よくあるケースがデリケート素材や装飾品、付属ライナーや一部革素材の見落としです。

洋服のチェックポイント

  • 洋服やスカートにレースやフリフ、プリーツなどは付いていないか?
  • 洋服の一部に革素材は使われていないか?
  • アウターに取外可能なライナーは付いていないか?
  • ジャケットやコートにファイクファーやボアが使用されていないか?

といったことは事前にしっかりと確認しておきましょう。

またブラウスを出す際には、着丈の長さにも注意が必要です。

「ブラウスと思って出したのにワンピースとして分類された」といった内容は、口コミでも多かったので特に注意です。

公式サイトではお尻が隠れない長さのものをブラウス、お尻が隠れる長さのものをワンピースと分類しています。

見分け方

クリーニング料金(税抜)

  • ブラウス:550円
  • ワンピース:1,230円

倍以上も料金が違うので、着丈の長さには十分注意してくださいね。

検品後(料金確定後)はキャンセルできない

なぜこれほど事前確認の大切さを伝えているのかというと、リネットでは検品後のキャンセルができない仕様だからです。

厳密には荷物を配送業者に渡した時点でキャンセル不可となります。(以下、公式サイトより)

【通常便】注文(集荷)のキャンセルはできますか?

■ 集荷手配前のご注文の場合
キャンセルが可能ですので、リネットのマイページから以下の手順でキャンセル手続きをお願いします。

1. マイページトップの中央付近の「ご注文をキャンセル」をクリック
2. キャンセルされる理由をお選びいただき、「キャンセルする」をクリック

■ 既に集荷手配が進行している場合
キャンセル操作ができないため、リネットお客様相談室までお問い合わせください。

※ 荷物の集荷後は、原則としてキャンセルはできないため、ご注意ください。

つまり自分が思っていたよりも高い金額を提示されたとしても、そこでキャンセルはできないということです。

もちろん料金が高い洋服だけをキャンセルすることもできませんよ。提示された金額をそのまま全額支払うことになります。

毛皮や革製品などの特殊品については、検品した日から2日後の午前9時までならキャンセル可能

事前確認の大切さがわかってもらえたのではないでしょうか。十分に注意してくださいね。

ちなみにリネットにはクリーニング料金を試算できる「料金シミュレーター」なるものが用意されています。

料金の目安を出すには結構便利な機能なので、点数が多くて計算するのが面倒くさい!という人はぜひ活用してみてくださいね。

送料無料のボーダーラインはしっかりと確認しておく

リネットをお得に利用するなら送料無料は必須条件なので、出す前には必ず「送料無料のボーダーラインは超えているのか?」ということを確認してください。

送料無料のボーダーライン(税抜)


【プレミアム会員の場合】

  • 3,000円以上で送料無料 ※未満は別途1,800円
  • 北海道・沖縄の方は5,000円以上で送料無料 ※未満は別途2,600円

【通常会員の場合】

  • 10,000円以上で送料無料 ※10,000円未満8,000円以上は別途900円、8,000円未満は別途1,800円
  • 北海道・沖縄の方は10,000円以上で送料無料 ※10,000円未満8,000円以上は別途1,300円、8,000円未満は別途2,600円

規定料金を下回るとかなり高額な送料がかかるので、ボーダーラインぎりぎりで出す人は十分注意してくださいね。

ちなみに上記の料金はすべて1個口あたりのクリーニング料金になるので、2個口に分かれた場合は2倍の料金が必要になります。

2個口の場合

  • プレミアム会員:3,000円 → 6,000円以上で送料無料
  • 通常会員:10,000円 → 20,000円以上で送料無料

ダンボールの大きさや配送中に余計なシワをつけたくない!といった理由から2個口に分けて出す人もいらっしゃいますが、余計なお金がかかるだけなので極力1個口で出すようにしておきましょう。

初回割引やクーポン割引を適用した場合、送料無料の条件はどうなるの?

この点については安心してください。ちゃんと割引前の料金で判断するので、たとえ割引後に規定料金を下回ったとしても送料はかかりませんよ。

以前は割引適用後の料金で送料無料の有無が判断されていたようで、

  • 送料無料と思って出したのに割引されて送料が発生した
  • クーポンを使って600円程安くなった代わりに1,800円の送料を請求された
  • 送料がかからないよう調整して出したつもりなのに割引のおかげで余計高くついた

といったリネットを叩くような口コミが多く見られました。

さすがにこれはまずいと思ったのか、リネットも早急に送料無料の判断基準を ”割引後から割引前へ” と改変しています。

単なる計算ミスで送料が発生してしまった!といったおちゃめな口コミは未だありますが、割引がらみの送料無料問題は改変以降見られなくなっています。

先程もお話ししましたが、リネットは荷物を配送業者に渡した時点でキャンセルできません。

決して安くない送料ですから、ボーダーラインぎりぎりで出す人は事前にしっかりと確認するようにしてくださいね。

退会する場合はプレミアム会員の登録解除を忘れない

こちらも口コミで比較的多く見られたのですが、プレミアム会員の登録解除を忘れてずっと支払い続けていたというケースです。

プレミアム会員の支払い方法は月会費プラン、年会費プランにかかわらずクレジットカード払いのみなので、登録解除を忘れていると永遠に支払い続けることになります。

プレミア会員の登録解除手順

マイページにログイン後、トップ画面右上の「マイページ」→「各種設定」→「プレミアム会員プラン変更」から手続き可能。(詳しくはこちら)

見ての通り簡単な作業なので、プレミアム会員をやめる場合は忘れずに登録解除を行ってくださいね。

リネットはこんな人におすすめ

ここまでをまとめるとリネットは

こんな人におすすめ

  • 厚手のダウンやコートより薄手の洋服をメインに出す
  • シミや黄ばみをお金をかけずに落としてほしい
  • 料金の安さだけでなく品質にもこだわっている
  • 長期保存サービスは利用しない
  • 補償制度のしっかりした宅配クリーニングを選びたい
  • 東京23区や狛江市など翌日配送の対象地域に住んでいる
  • とにかく早く届けてくれる宅配クリーニングを探している

といった人におすすめなクリーニング店です。

もちろん宅配クリーニング特有のメリットでもある

  • わざわざ店舗まで持ち込む必要がない
  • 出来上がった洋服を店舗まで取りに行く必要がない
  • 店舗で並ぶ必要がない

といったことから、店舗に行くのが面倒くさいと感じている人や時間のない人、近くのクリーニング店がなくなって困っているという人にも最適です。

どれか一つでも当てはまる項目がある人にはすごくおすすめですので、ぜひ一度利用してみてくださいね。

リネットをおすすめできない人は?

逆に、

  • ダウンやコートなど単価の高い冬物衣類をまとめて出したい
  • 洋服を長期間無料で保管してほしい
  • ハイブランド品や高級素材の洋服を確実に綺麗にしてほしい
  • 年に1~2度程度しかクリーニングを利用しない

といった人には、あまりリネットはおすすめではないです。

特にリネットを利用するならプレミアム会員の入会は必須なので、利用回数の少ない人は会費が無駄になる可能性があります。

クリーニングに出す頻度や出したい洋服の種類をしっかり確認し、損をしないよう有効に活用してくださいね。

「リネットは私に合っていないかな。」と思った人は、下記を参考にしてみてください。

用途に合わせたおすすめの宅配クリーニングを紹介していますので、あなたに合ったピッタリのお店が見つかりますよ。

リネットの口コミ・評判まとめ

今回はリネットに対する口コミや評判を、様々なツールを参考にまとめてみました。

傾向としては2018年以前は悪い口コミが目立っていましたが、2019年以降は品質やサービス内容の大幅改善によって良い口コミが多く見られました。

良い口コミ一覧

  • 家で落とせなかったシミがきれいに落ちていた
  • 毛玉もきれいに取れていた
  • 汚れもしっかり落ちて満足
  • ダウンやコートが新品状態に戻った
  • 仕上がりスピードがどこよりも早いので助かる
  • タグにクリーニングの詳細が記載されているのでわかりやすい

などが良い口コミの中でも比較的多かった内容です。

実際に利用してみた個人的な感想を踏まえても、品質・サービスともに満足度は高く、人におすすめできる宅配クリーニングのひとつと言えます。

もちろんすべての人が満足しているわけではありませんが、少なくとも私のまわりでは皆継続して利用してくれているようです。

ネックとなる年会費に躊躇している人も多いですが、初月無料&送料無料特典のあるリネットならお試し感覚で利用できます。

リネットの初回特典の内容は結構変わるうえに、悪くなる傾向が強いです。

利用しようかどうかで迷っている人は、初月無料と送料無料の特典がある今のうちにぜひ試してみてくださいね。

-リネット

© 2020 宅配クリーニング比較ラボ