プラスキューブ

プラスキューブのクリーニング技術は本物?口コミ・評判を徹底調査!【2020年度版】

プラスキューブ
今回は元アパレル紳士服のデザイナーが代表を務める、紳士服とくにスーツの仕上がりに定評のある「プラスキューブ」についての紹介です。

  • プラスキューブの口コミ・評判が知りたい
  • プラスキューブって他のお店と比べて高いの?
  • プラスキューブの品質は大丈夫?
  • セールやクーポンはあるの?

このような疑問を持っている方に役立つ記事です。

全体の流れとしては

記事構成

  • プラスキューブの口コミ・評判について
  • クリーニング技術の紹介
  • 料金体系の紹介
  • プラスキューブを利用する際の注意点
  • プラスキューブがおすすめな人を紹介
  • クーポンやキャンペーンについて

といった感じで進めていきます。

今現在プラスキューブを利用するかどうかで迷っている人には有益な情報ばかりですので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

目次

みんなが思うプラスキューブの感想は?口コミ・評判まとめ

今回プラスキューブの口コミ・評判を調査するにあたって利用したツールは

調査ツール

  • 口コミ投稿サイト
  • ツイッター
  • ヤフー知恵袋
  • ブログ

の4つ。

クチコミ件数については少ないなというのが正直な感想です。

一応公式サイトにもいくつか口コミは紹介されていましたが、この手の感想は基本いい事しか書かれていないので今回の集計では除外しています。

限りられた中での集計となるためざっくりとした傾向しか掴めなかったですが、印象としては品質に満足している声が多かったです。

良い口コミは品質の高さに満足する声が大多数

プラスキューブの口コミ件数は少なかったですが、内容的には品質に満足している声ばかりでした。

具体的には

ココが良い

  • ワイシャツの襟にあった黄ばみや汚れがきれいにとれて真っ白になった
  • セーターにあった無数の毛玉もきれいに取れていた
  • 気になっていたコートの毛羽立ちもすっかりとれて元通りになった
  • 子供の食べこぼしでついたシミも見た目にはわからないくらいきれいに落ちていた
  • コートの黄ばみ?シミもきれいに落ちていた
  • 長い間放置していたスーツにハリとツヤが蘇って戻ってきた
  • 近所のクリーニング店では落ちなかったシミがきれいさっぱりなくなっていた。これで無料なのは驚きです
  • コートやダウンジャケットと一緒にニットもお願いしたが、縮みや型崩れもなくきれいに仕上がっていた
  • エアリーワイシャツを利用したが肌触りや着心地が他店と全然違っていて驚いた

といった内容です。

また、品質に満足する声以外にも

ココが良い

  • 問い合わせに対する電話対応がとても丁寧で好感がもてた
  • 箱を開けたら手書きのカードが入っていて温かみを感じた

など、スタッフやお店の対応に感動したといった声もありました。

プラスキューブの口コミは仕上がりの良さを絶賛する声ばかりで、悪い口コミはほとんど見当たらなかったですね。

品質には満足しているが料金が高いという声が目立つ

先程もお話ししましたが、プラスキューブに対する悪い口コミはほとんどなかったです。

単に利用者の数が少ないだけなのか、品質に不満がないから口コミを書く必要がないからなのかはわかりませんが、品質やサービスについては満足しているようですね。

ただ料金については高いと感じている人が、何人かいらっしゃいました。

ココがちょっと不満

  • 品質はすごくよかったが料金が高いのでなかなか気軽には利用できない
  • 他の宅配クリーニングと比べて料金が高いのでそれなりの洋服を出さないともったいない気持ちになる
  • 試しに使ってみたけど安い洋服が多い我が家にはあまり向いていないと感じた。

品質を重視すれば料金が高くなるのは仕方ありませんが、気軽に利用できるお店ではないと感じている人が多いようですね。

実体験レビュー!実際にプラスキューブを使ってみた感想

プラスキューブのクリーニング料金は最低価格の5点パックでも8,500円と他店と比べて高めですが、仕上がり感は価格に見合う通り満足いく内容でした。

特にぺしゃんこだったダウンのふわふわ感や、ヨレヨレだったコートのピシッとした仕上がりには感動すら覚える程です。

正直この2点だけで十分元が取れた感じでしたが、シミ抜きや汚れ落ちといった基本的な部分もレベルの高い仕上がりだったと言えます。

シャツの襟にあった黄ばみもしっかり取れていましたし、ダウンの袖に付いていたシミもきれいに落ちていました。

コートの毛羽立ちやセーターの毛玉もすべてきれいになり、箱を開けたときに漂うクリーニング特有の臭いもなかったです。

宅配クリーニングの宿命とも言える配送時の折ジワについては、極力付かないよう工夫はされていましたが開封時にはやはり多少の折ジワは付いていました。

ただ公式サイトに書いてあった通りすぐに箱から出して数日吊るしていたら、気にならない程度まで回復したので結果的には問題なかったです。

正直私は定額制のクリーニングにはあまり品質を期待しないようにしているのですが、今回利用した限りではどれもすばらしい仕上がりだったと言えます。

もちろん洋服の種類や着用年数、シミや汚れ具合によっては満足できない場合もあるかもしれませんが、個人的には極めて品質の高い安心して任せられるクリーニング店のひとつだと思えます。

品質重視の方にはおすすめですよ。ぜひ検討してみてくださいね。

プラスキューブが高い品質を提供できるワケ

利用者の口コミや実体験レビューからもプラスキューブの品質の高さは本物だと言えますが、具体的にはどのような点が優れているのでしょうか。

ここではプラスキューブのクリーニング技術について紹介します。

プラスキューブが誇る6つのこだわり

  1. シルエットを崩さない立体的なアパレル仕上げ
  2. まとめ洗いをしない個別クリーニング
  3. 洋服を傷めない「静止乾燥」を採用
  4. 徹底した溶剤管理と環境に優しい洗剤を使用
  5. 独自の工夫が光るタンブラー乾燥機
  6. 豊富な無料サービスを提供

1.シルエットを崩さない立体的なアパレル仕上げ

プラスキューブのプレスは単にアイロンをペタペタと当ててシワを伸ばすのではなく、「できるだけ元の形に戻す」という使命の元にシルエットを崩さない立体的なアパレル仕上げを徹底しています。

熟練者にしか出せない繊細なアイロンテクニックに加え、バーバリーやカルバンクラインといった有名アパレルなどでも使用する専用の機械を駆使して、できるうる限り元のシルエットへと復元します。

2.まとめ洗いをしない個別クリーニング

多くのクリーニング店では自分の洋服も他の人の洋服もすべてまとめて洗うのが一般的ですが、プラスキューブではまとめ洗いはせず顧客単位でクリーニングを行います。

「どのような環境で洗浄しているのか?」このあたりはあまり意識する人も少ないですが、よくよく考えると見ず知らずの人の洋服と一緒に洗われるのはあまり気持ちの良いものではないですよね。

クリーニングは他の人と一緒に洗うのが当たり前

プラスキューブではこの当たり前のことを当たり前とせず、あえて個別クリーニングというコストの悪い方法を選択しています。

これだけでも品質に対するこだわりの強さが伺えますね。

3.洋服を傷めない「静止乾燥」を採用

クリーニングにおける乾燥工程はタンブラー乾燥機と呼ばれる洋服をぐるぐる回して乾かす方法をとるのが一般的ですが、プラスキューブでは洋服を静止した状態で乾燥させる「静止乾燥」を採用しています。

これにより

  • 洋服同士が擦れあって生地を傷める
  • 上から下へと叩きつけれて洋服が型崩れする
  • 激しく回転することでボタンや装飾品が破損する

といった回転式最大のデメリットが解消されます。

乾燥機内温度を50℃に設定することで、高温による繊維の縮みも同時に軽減していますよ。

静止乾燥もまた個別クリーニング同様コストと時間のかかる作業ですが、品質第一主義のプラスキューブにとっては当たり前のことなんですね。

4.徹底した溶剤管理と環境に優しい洗剤を使用

ドライクリーニング特有の嫌な臭いは使用する溶剤の状態に大きく影響しますが、プラスキューブでは一般的な「カートリッジフィルター」ではなく「パウダー方式」を採用して徹底した溶剤管理を実現しています。

「カートリッジフィルター」って何?

カートリッジフィルターとは汚れた溶剤をフィルターに通すことできれいにするろ過装置のこと。取り扱いが容易で便利な反面、フィルター交換直後と交換直前で溶剤の状態が大きく変わるのが欠点です。

「パウダー方式」って何?

パウダー方式とは吸着方式と蒸留方式の2段階で溶剤を管理する方法のこと。フィルター方式と違い溶剤を常に蒸留させることで、酸化値・透明度・水分量を新液の状態に保ちます。

実体験レビューのところでもお話ししましたが、クリーニング特有の嫌な臭いもなく本当に無臭ですよ。

また水洗いにおいては、がんこ本舗の質の高いバイオ酵素入りの洗剤「海へ」を使用しています。

少ない量でも汚れ落ちがよく、100%生分解する環境にも優しい洗剤です。

「生分解」って何?

生分解(せいぶんかい)とはバクテリア、菌類、その他の生物によって化合物が無機物まで分解されること。わかりやすく言うと二酸化炭素と水に還元され自然界に戻るということです。


がんこ本舗の「海へ」は、アマゾンなどで詰替え用450ml 3,300円程度で購入できますよ。

5.独自の工夫が光るタンブラー乾燥機

プラスキューブの乾燥工程は基本生地を傷めない静止乾燥機がメインですが、ダウンジャケットなど一部アイテムについては少しだけタンブラー乾燥機を使用します。

もちろん効率を優先させるのが目的ではなく、そのほうが品質がよくなる判断のもとでの使用ですが、タンブラー乾燥機には先ほど言った通り

タンブラー乾燥機のデメリット

  • 洋服同士が擦れあって生地を傷める
  • 上から下へと叩きつけれて洋服が型崩れする
  • 激しく回転することでボタンや装飾品が破損する

といった大きな欠点があります。

特に持ち上げては落とす叩きつけの作業は、洋服を傷める大きな原因のひとつです。

そこでプラスキューブは機内に仕切板をつける独自の工夫を施し、叩きつける作用を減らすことに成功しています。

このようにプラスキューブでは、日々常に最高の品質を目指して改善・工夫を凝らしています。

6.豊富な無料サービスを提供

実店舗でシミ抜きを依頼すると1箇所あたり300円程度のお金がかかることも多いですが、プラスキューブでは個数にかかわらずすべて無料でシミ抜きをします。

4ヶ所のシミ抜きにかかる料金一例

  • 実店舗:300円×4ヶ所=1,200円
  • プラスキューブ:0円

シミ抜きにかかる費用はお店によって違いますが、場所や個数によっては新しい洋服を買ったほうが安くなるケースも多いです。

シミ抜き無料のプラスキューブならそんな心配はいりませんね。

他にもワイシャツのボタン付けも無料で行ってくれますよ。

「キューブセレクト」と「キューブプレミアム」の違い

プラスキューブの料金システムは洋服単価に左右されない定額制を採用していますが、コースは「キューブセレクト」「キューブプレミアム」の2つが用意されています。

料金はそれぞれ

「キューブセレクト」の料金(税抜)

  • 5点パック:8,500円 (1枚あたり1,700円)
  • 10点パック:16,000円 (1枚あたり1,600円)
  • 20点パック:26,000円 (1枚あたり1,300円)

「キューブプレミアム」の料金(税抜)

  • 5点パック:12,500円 (1枚あたり2,500円)
  • 10点パック:24,000円 (1枚あたり2,400円)
  • 20点パック:38,000円 (1枚あたり1,900円)

となります。

両者の違いは

キューブセレクト キューブプレミアム
顧客単位の個別洗い
バイオ洗剤使用
静止乾燥
無料シミ抜き
送料無料
抗菌・消臭帯電防止加工
シャキッと加工
しなやか加工
立体成型仕上げ
アイロン手仕上げ
高級ハンガー不織布包装

このような感じです。

「個別洗い」や「静止乾燥」など基本サービスはどちらも同じですが、特殊加工がプラスされた「キューブプレミアム」はよりブランド品や高級品向けのコースと言えますね。

ただ「キューブセレクト」でも一般的なクリーニング店に比べ品質は高いので、十分なクオリティは期待できます。

それくらいプラスキューブの品質は高いですよ。

保管サービスは別料金

定額制には保管サービスが無料で付帯しているお店も多いですが、プラスキューブでは最長8ヶ月間の保管サービスは利用できるものの有料オプションになります。

料金は一着あたり200円(税抜)。パック単位での利用です。

5点パックなら+1,000円(税抜)、10点パックなら+2,000円(税抜)がかかるといった感じですね。

個人的には利用したことがないので保管後の仕上がり状態はわかりませんが、届いた洋服は1週間以内にクリーニングを終えキレイな状態で保管されるようです。

5点パックなら8ヶ月フルに活用すれば1ヶ月あたり125円(税抜)と缶ジュース1本程度なので、夏場のクローゼットが使わないダウンやコートでいつもいっぱいだ!という人には利用する価値は高そうですね。

料金は他店と比べて高め

品質を重視すると料金が高くなるのは必然ですが、プラスキューブでも高い品質と技術力に見合った料金体系になっています。

他の定額制を採用している宅配クリーニング店と比較しても、

5点パックの料金比較(税抜)

  • リネット:7,800円 (保管期間8ヶ月)
  • せんたく便:7,980円 (保管期間11ヶ月)
  • プラスキューブ:8,500円 (保管なし)
  • リナビス:8,550円 (保管期間12ヶ月)
  • クリラボ:8,800円 (保管期間9ヶ月)
  • プロケア:8,980円 (保管期間8ヶ月)

10点パックの料金比較(税抜)

  • せんたく便:10,980円 (保管期間11ヶ月)
  • ネクシー:11,500円 (保管期間7ヶ月)
  • リナビス:11,700円 (保管期間12ヶ月)
  • リネット:11,800円 (保管期間8ヶ月)
  • プロケア:11,980円 (保管期間8ヶ月)
  • クリラボ:12,800円 (保管期間9ヶ月)
  • プラスキューブ:16,000円 (保管なし)

保管サービスが付いていない状態で、この価格帯です。

品質が高いとは言え、手軽に利用できるクリーニング店探している人にはあまり向いていないと言えますね。

紳士服に特化したクリーニングを提供

プラスキューブの代表は元紳士服のデザイナーということもあり、紳士服のクリーニングに対しては他のお店より強いこだわりを持っています。

その集大成とも言えるのがスーツのクリーニングに特化した「スーツ水洗い」とワイシャツのクリーニングに特化した「エアリーワイシャツ」の2つです。

いずれも宅配クリーニングではトップクラスの品質と言えるので、高級スーツやブランドワイシャツを確実にきれいして欲しい人!そんな人はぜひ利用してみてください。

新品同様の仕上がりを実現する「スーツ水洗い」

プラスキューブの「スーツ水洗い」は全16台にも及ぶ一流アパレルメーカーで使用する仕上機器を駆使し、新品同様の立体感とフィット感を蘇らせます。
日本最大所持数

そのこだわりのクリーニング内容がこちら。↓

「スーツ水洗い」のこだわり

  • オリジナル開発のバイブレーター洗濯層で洋服を動かさずに水洗い
  • 念入りな前処理で95%以上の汚れを除去
  • 環境にもスーツにも優しい100%生分解する洗剤「海へ」を使用
  • 独自開発のスーツ専用スポンジネットでデリケート素材もやさしく洗浄
  • 1回1着づつの専用高速円心脱水機で形を整えたまましわを作らず脱水
  • 湿度を保った立体静止乾燥で繊維に潤いがプラス
  • スーツ上着で9台全16種類のアパレル仕上げ機を駆使した復元整形仕上げ

各項目の詳細については「公式サイト」を見たほうがわかりやすいので、ここではポイントだけをかいつまんで紹介しておきます。

まずスーツをクリーニングに出した場合の洗い方は、十中八九ドライクリーニングになります。

これはスーツの生地に多く含まれるウールが水を吸って縮んだり、水洗いによって型崩れが起こるを防ぐためです。

ドライクリーニングはスーツの型崩れや風合いを変化させにくい洗い方なので、通常のクリーニングには最適な方法なんですよ。

ただドライクリーニングは型崩れしにくい特徴がある反面、汗や臭いを取るのが弱いデメリットがあります。

夏場の汗をたっぷり吸ったスーツをきれいにしようとクリーニングに出す人も多いですが、通常のドライクリーニングでは汗の臭いや汚れは取れないので注意してください。

ではどうすれば取れるのか、それは水洗いするのが一番なんです。

繊維の奥まで水と洗剤をしっかり浸透させ隅々まで洗うことで、汗の臭いも汚れもきれいに取り除けます。

ただ先程もお話ししたとおりスーツの水洗いは縮みや型崩れの原因となるため、普通に水では洗えません。

プラスキューブでは元紳士服デザイナーでもある代表の豊富な知識と経験をもとに試行錯誤を重ねた結果、水洗い洗浄を施しても繊維に全く影響を与えない洗浄システムの構築に成功しました。

これにより水洗いでありながら縮みや型崩れを起こすことなく、汗の臭いや汚れはもちろん、新品同様の立体感とフィット感が蘇ります。

料金については

スーツ水洗いの料金一覧(税抜)

  • スリーピース:11,000円
    ジャケット、ベスト、スラックスのセット
  • スーツ上下セット:7,500円
  • ジャケット単品:4,000円
  • スラックス単品:3,500円
  • ベスト単品:3,500円

と決して安くはないですが

「スーツ水洗い」がおすすめな人

  • スーツに染み付いたガンコな汚れを落としたい
  • 型にはまった立体感ではなく、スーツ1着1着の立体感を取り戻したい
  • スーツの生地を痛めずにクリーニングしたい
  • 他店で行ったクリーニングに満足できなかった
  • 自分だけのスーツで個別に洗ってほしい
  • スーツを新品同様に仕上げてほしい

といった悩みを持つ人には満足できる品質を提供しているので、「絶対に失敗してほしくない」「確実にきれいにしてほしい」そんな人はぜひ検討してみてくださいね。

世界初の乾かしてからプレスする「エアリーワイシャツ」

自宅でワイシャツにアイロンをかける場合ほとんどの人が乾いた状態でかけると思いますが、クリーニング店では濡れた状態でプレスするのが一般的です。

この乾燥工程を省いた仕上げ方法を、クリーニング業界では「濡れがけ」と呼んでいます。

理由は単純に効率が良いからです。

濡れたままの状態でプレスすれば乾燥と形を整える作業を一緒にできるわけですから、手間と時間を大幅に削減できます。

ですが濡れた状態でプレスすれば当然プレス時間も長く温度も高くなるわけですから、生地に大きなダメージを与えます。

生地が傷むのはもちろん低価格なワイシャツに多いトップヒューズの芯地を使ったものでは、高温プレスによって縮んでしまうケースもあります。

プラスキューブではワイシャツの生地を縮めず傷めることなく仕上げるために、濡れた状態ではなくしっかり乾燥させてからプレス加工を行います。

しっかり乾いた状態からプレスするので短時間・低温度で終わり、柔らかな仕上がりを実現します。

またプラスキューブでは縮んでしまったワイシャツの復元サービスもクリーニングと並行して行っています。

ヒューズ芯によるエリ、カフス、前たての縮んだワイシャツも、専用の復元機械を用いてしっかり修復してくれますよ。

気になる料金は10枚パックで3,500円(税抜)

このクオリティーで1枚あたり350円はかなりお得な料金設定と言えますね。しかも他店では有料になるたたみ仕上げ込みの料金です。

実際に他店のたたみ仕上げ料金と比較しても

料金比較(税抜)

  • プラスキューブ:350円
  • リネット:390円
  • ネクシー:405円(会員価格)

この安さです。

選択できるコースが10枚パックしかないのが少し難点ですが、

  • 体にフィットした仕上がりを実感したい
  • ワイシャツの痛みが気になる
  • 袖、エリ、前立て部分の縮みが気になる
  • 他店で行ったクリーニングに満足できなかった

といった人にはかなりおすすめなコースだと言えますね。

カナダグースやモンクレールなど高級ダウンも安心

ブランド品や高級品の洋服をクリーニングに出す場合、安さよりも仕上がりを重視する人も多いですが、品質に特化したプラスキューブなら安心してお願いできます。

カナダグースやモンクレールといった高級ダウンのクリーニングは、ネットでも多くの失敗談があがっていますが、プラスキューブなら

プラスキューブのこだわり

  • 摩擦の少ない個別洗い
  • 生地にやさしい静止乾燥
  • こだわりの仕上げ機械による立体的なアパレル仕上げ

によって型崩れもなく最高の状態に仕上げます。

ダウンクリーニングの失敗談

  • ダウンがぺしゃんこになった
  • ダウンが破けていた
  • ダウンの風合いがなくなった

これらの失敗はまとめ洗いによる生地同士の摩擦や、回転式の乾燥機によって繰り返される叩きつけが主な原因です。

プラスキューブなら1着1着丁寧に扱うので、ダウンの風合いを損なうことなく最高の着心地を実現します。

もちろん高級ダウンだけでなくシルクやカシミヤといったデリケート素材の洋服も、技術者が1点1点検品し素材にあった洗浄時間で専用ネットに入れて洗うので安心して利用できますよ。

重要!プラスキュープを利用する際の注意点

デリケート素材をはじめブランド品や高級品も安心してお願いできるプラスキューブですが、利用する際にはいくつか注意点があるので簡単にまとめておきます。

どれも利用するうえでは大切なことばかりなので、必ず目を通しておいてくださいね。

プラスキュープを利用する際の注意点

  • 納期はある程度かかる
  • 取扱除外品に注意
  • 専用バック(集荷キット)のサイズに注意
  • 保管サービスは有料オブション
  • 特殊加工のオプションは見積が必要
  • 集荷キット発送後のキャンセルはキャンセル料が発生する

1.納期はある程度かかる

プラスキューブは注文してから洋服が到着するまで最短でも7日間程度はかかります。

品質にこだわっているからこそかかる納期ですが、街のクリーニング店のように2、3日では仕上がらないので注意してください。

注文から届くまでにかかる納期の目安

  1. 注文完了後「2日~3日」で集荷キットが郵便ポストに投稿
  2. 工場に到着後「2日~3日」でクリーニング完了
  3. 工業出荷後「2日~3日」で到着

配送日数が余計にかかる分、時間がかかりますね。急ぎの人は注意しておきましょう。

2.取扱除外品に注意

定額制を利用するうえで最も注意しなければならないのが、取扱除外品を絶対に入れないということです。

誤って入れてしまうと

  • クリーニングされないまま返却される
  • 取扱除外品も料金を取られる

なんてことになり、完全に1枚分損をするので注意してください。

取扱除外品についてはだいたいどこのお店も同じような品目が並んでいますが、お店によって若干違う部分もあるので必ず確認しましょう。

プラスキューブでは以下の品目が取扱除外品です。

取扱除外品一覧

  • 毛皮
  • リアルファー
  • 皮革製品
  • 着物類
  • バッグ
  • 布団
  • 下着類
  • カーテン・カーペット
  • 穴・破れが激しいもの
  • 汚れ・臭いがひどいもの
  • 濡れているもの
  • 洗濯表示がないもの
  • ポリウレタン製品や合皮皮革の経時劣化による破れや剥離をご了承を頂けないもの(了承すればクリーニング可能)
  • ドライクリーニングも水洗いもできないもの
  • その他クリーニングが難しいと判断させて頂いたお品

もしも出した洋服すべてが取扱除外品だった場合はどうなるの?

出した洋服すべてが取扱除外品だった場合は、往復送料だけ請求されますよ。さすがにないとは思いますが、一応注意してくださいね。

3.専用バック(集荷キット)のサイズに注意

定額制の落とし穴とも言えるのが専用バックのサイズです。

料金が一律の定額制では必ずお店側が指定した専用バックに洋服を詰める必要がありますが、そのバックの容量が上限になります。

つまり10点パックを利用して8点しか入らなかったとしても、8点が上限になるということです。

入り切らなかった2点分が割引されることもないですし、自分で用意した別の箱や袋に入れて出すこともできないので注意してください。

ちなみにプラスキューブの専用バックは、5点パック、10点パック、20点パックともに以下のサイズです。

専用バックサイズ

550×460×330

5点パックは問題ありませんが10点パックや20点パックを利用する際は、ある程度洋服の種類を調整する必要がありそうですね。

4.保管サービスは有料オブション

宅配クリーニングではクリーニングと一緒に保管サービスを無料提供しているところも多いですが、プラスキューブでは有料オブションになります。

料金は1着あたり200円と安いですがパック単位での利用なので、5点パックなら1,000円、10点パックなら2,000円、20点パックなら4,000円の保管料がかかります。

保管期間は最長8ヶ月間

他店と比べると短めですが、預かった洋服は1週間以内にクリーニングしきれいな状態で保管してくれます。

各店舗の保管期間

  • リナビス:保管期間12ヶ月
  • せんたく便:保管期間11ヶ月
  • クリラボ:保管期間9ヶ月
  • プラスキューブ:保管期間8ヶ月
  • リネット:保管期間8ヶ月
  • プロケア:保管期間8ヶ月
  • ネクシー:保管期間7ヶ月

保管場所の詳細については不明ですが、24時間除湿・換気された部屋でしっかり保管管理しているようです。

ただ、エアリーワイシャツについては保管対象外なのでその点はご注意ください。

5.特殊加工のオプションは見積が必要

プラスキューブでも撥水加工や防虫加工といった有料オプションが用意されていますが、他店のようにあらかじめ料金が決まっているわけではなく、見積後に料金が提示されるシステムになります。

料金がわからないので依頼しづらいですが、

  • 防水・撥水加工
  • 防虫加工
  • 折り目加工
  • 水洗い

など、基本の特殊加工は完備されています。

オプションを追加する際は注文後に問い合わせをする必要がありますが、より快適な着心地を希望する人はぜひ利用してみてくださいね。

通常コースでは取扱除外品の毛皮や皮革製品も、オプションとして追加料金を支払えばクリーニングできますよ。

6.集荷キット発送後のキャンセルはキャンセル料が発生する

「注文したけどやっぱりキャンセルしたい!」

注文したあとに気が変わるのはよくあることですが、集荷キット発送後のキャンセルは2,000円(税抜)の手数料がかかるので注意してください。

キャンセル料金の発生条件

  • 集荷キット発送前:無料
  • 集荷キット発送後:2,000円(税抜)のキャンセル料金が発生

しっかり確認しておきましょう。

キャンセル依頼は ”電話のみ” の受付になります。

プラスキューブはこんな人におすすめ

業界でもトップクラスのクリーニング技術を持つプラスキュープは

こんな人におすすめ

  • 料金の安さよりも品質の高いクリーニング店を探している
  • 新品のときみたいに立体的なシルエットを取り戻したい
  • 不特定多数の人と一緒に洋服を洗われることに抵抗がある
  • 仕上がりの違いを実感したい
  • ブランド品や高級品を安心して出せるクリーニング店を探している
  • スーツやワイシャツをよくクリーニングに出す
  • 衣替え時期に冬物衣類をまとめて出す

といった人に最適なクリーニング店です。

どれか一つでも当てはまる項目がある人にはすごくおすすめですので、ぜひ一度利用してみてくださいね。

プラスキューブをおすすめできない人は?

逆に料金が他店と比べて割高になるため、「低価格のクリーニング店を探している」という人にはおすすめではないです。

他にもプラスキューブの特性から、

  • オプションを手軽に利用したい
  • 夏物衣類をメインに出す
  • 保管サービスを手軽に利用したい
  • 初回割引やクーポンを利用したい

といった人にもあまり向いていないと言えます。

宅配クリーニングは街のクリーニングと違い、出したい洋服に合った最適なお店を選択できます。

利用目的に合わせた選び方

  • 夏物をメインに出す → リネットやネクシーなど
  • 保管サービスを手軽に利用したい → リナビスやせんたく便など
  • 料金の安さにこだわりたい → せんたく便やカジタクなど
  • 初回割引やクーポンを利用したい → リネットやプロケアなど

ひとつのお店に絞った使い方ではなく、あなたのライフスタイルに合わせてうまく使い分けてくださいね。

「自分に合ったお店がわからない!」そんな人は下記の記事を参考にしてみてください。

各お店のおすすめポイントを簡単にまとめていますので、あたなにピッタリのお店がすぐに見つかりますよ。

プラスキューブのクーポン・キャンペーン情報

多くの宅配クリーニング店では

  • 初回割引特典
  • クーポン割引
  • 有料オプション割引キャンペーン
  • 保管パック割引キャンペーン

など、何かしらのクーポンやキャンペーンを利用できることも多いですが、プラスキューブではお得感を実感できるような割引サービスは用意されていません。

クリーニング技術と品質に自信があるからこその強気な姿勢なのかもしれませんが、利用者としては少し残念な気持ちですね。

プラスキューブの口コミ・評判まとめ

今回は宅配クリーニングの中でもクリーニング技術と品質に定評のある「プラスキューブ」の口コミや評判、サービス内容などについて紹介してきました。

  • 顧客単位の個別洗い
  • 生地を傷めない静止乾燥
  • 仕切板の付いたタンブラー乾燥機
  • 立体的なアパレル仕上げ

など、他店にはない独自の機器を駆使して「こだわる。クリーニング」を提供しています。

「過去にクリーニングで嫌な思いをしたことがある」「クリーニングの仕上がりに満足したことがない」このような思いをしたことがあるに人にプラスキュープはおすすめです。

口コミ件数が少ないので判断材料としては若干心もとない部分もありますが、口コミ内容や実体験レビューの評価は他店と比べても高いです。

料金よりも品質を重視している人にとっては、十分満足感を実感できるお店と言えるのではないでしょうか。

「失敗なく確実にきれいにしてほしい!」そんな人はぜひ検討してみてくださいね。

-プラスキューブ

© 2020 宅配クリーニング比較ラボ